素晴らしき日々・みんな仲良し

森を歩いたりチビ山(かなり低い山)に登ったり。葉っぱや木の種類のことなど書いてます。

咲いたりしおれたり忙しいビスカス。そして安全第一の話。

ビスカス(ハイビスカス)の画像つづきで、赤いブログになっています。

昨日の朝、見に行ったらこんな感じで咲いていました。

 

f:id:morigadaisuki:20190825195640j:plain

お見事!

 

f:id:morigadaisuki:20190825195651j:plain

横バージョン。

前日に咲いていたツイン・ビスカスとは違う花です。

今日、また見に行ったら ↓

 

f:id:morigadaisuki:20190825195701j:plain

閉じてる・・・

次に咲こうとしているつぼみはありますが、どうやら咲ききると翌日以降しぼんでくるようです。

思い起こせば、数年前に鉢で咲いてたハイビスカスも、ずっと咲き続けていたわけではなかったような。

 

f:id:morigadaisuki:20190825195711j:plain

こんな陰でこっそり咲いてるのもいるし。

 

f:id:morigadaisuki:20190825195719j:plain

 

ところで、話は変わるのですが。

知人が渓流釣りに行った帰りに、崖?から落ちて背骨を骨折しました。

夕方過ぎで暗くて足場がよく見えなかったのか、あると思って足を出したら何もなくて(空中)、そのまま沢に落ちたらしいです。

 

しばらく気を失っていたのですが、翌朝、水の冷たさで気がつき「このままでは死んでしまう」と激痛に耐えながら這って、必死に林道?の方まで出ました。

奇跡的に山を管理している方の車が通りかかり、様子がおかしいと気づいてくれました。

 

沢で一晩気を失っていたんですよね。。

雨が降らなかったこと、熊などに襲われなかったこと、そして山を管理している車が通りかかったこと全て、何かに助けてもらったとしか思えませんでした。

 

知人はひとり暮らしで、その日渓流釣りに行ったことはもちろん、帰宅しない異変に気づく人はいませんでした。

こわいです。これはだめだ。

 

もし自力で出て来れなかったら、親戚や友人・知人が「連絡が取れない、おかしい」と気づくまで何日かかったんでしょう。

(あとは略。いろいろ想像するとこわいので)

 

暗くなってから帰るなんて、そもそも違ってますが。

渓流釣りをする時、登山届やコンパスのような何らかの届けを残すものはあるんだろうか。

ないとしたら、どこに釣りに行くかを家族や友人などに知らせておいて欲しいです。

もちろん普通になさっている方が多いとは思いますが、「俺は大丈夫だ。何十年もやってる」みたいな方がいれば、知らせておいて下さい。

「無事帰ったよ」の報告は釣りの成果の画像でもいいし。

 

知人の親類はショックで泣いている人もいたし、背骨がちゃんと治って生活ができるようになるかなど心配しています。

本人も落ちたくて落ちたわけではないけど、相当心配かけてます。

 

奇跡的に助けられた命なので、大事にしないと。

山も渓流も安全第一。

どうぞご安全に。