素晴らしき日々・みんな仲良し

森を歩いたりチビ山(かなり低い山)に登ったり。葉っぱや木の種類のことなど書いてます。

菩提寺山山頂からへそ清水(新潟県新潟市秋葉区)

早いですね、6月ですよ。6月。
「スーパーゴールデンウィーク!イェーーーイ!」のヒャッハー状態から、もう1ヶ月経っちゃったんですから…
そして令和元年になってから1ヶ月です。

morigadaisuki.hatenablog.com

f:id:morigadaisuki:20190601195314j:plain

菩提寺山山頂から白玉の滝を目指して階段を降りて行きます。
こっちへ進んだのはなぜか仲良しだけ。他の方は来た道を戻るようです。
なぜだろう・・・

f:id:morigadaisuki:20190601195323j:plain

この後、急な階段が長く続いたんです。たて幅せまいし。
このこと、他の方はきっとご存知で回避したのかな。普段使わない部位の筋肉を使ったので、しっかり筋肉痛になりました(苦笑)

f:id:morigadaisuki:20190601195336j:plain

足が痛いぞ。でも「白玉の滝→」を見て奮起する仲良し。

f:id:morigadaisuki:20190601195346j:plain

看板から一緒になった親子さん、子供より大人のテンションが高くて、お母さんは「森のくまさん」を延々リピートです。
熊さんに出会いたくありません(笑)

f:id:morigadaisuki:20190601195405j:plain

臍清水(へそしみず)
昔、親孝行の権九郎が観音様のお告げで発見したわき水

f:id:morigadaisuki:20190601195356j:plain

親思いの人がわき水を見つけるということは、水不足だったのか体によい水だったのかな。

f:id:morigadaisuki:20190601195433j:plain
f:id:morigadaisuki:20190601195416j:plain

こんな感じの道が続いています。
熊さんに出会~った!をリピートの親子さんは、写真を撮ってる仲良しを抜いて行きました。(何が出てもおかしくない道です)
へそ清水の後、ちょろちょろの水はどんどん増えて沢になっていきます。

f:id:morigadaisuki:20190601195446j:plain

空気がきれい。

f:id:morigadaisuki:20190601195456j:plain

イヌシデ自然林:新潟市指定文化財

morigadaisuki.hatenablog.com

f:id:morigadaisuki:20190601195506j:plain

小川になりました。
水の音ってほんといいものです。しばらくせせらぎの音を聞いていました。(時々リンリンさせながら)

f:id:morigadaisuki:20190601195520j:plain

石積の土留め萌え。

f:id:morigadaisuki:20190601195530j:plain

あれ、これは白玉の滝ではないよね?少しとまどいました。
ワクワク歩いている仲良しには見る物すべてが素晴らしく、段差から流れ落ちる水は滝に見えてしまいます。

f:id:morigadaisuki:20190601195542j:plain

山のわき水がどのように川になっていくのか、知ることができました。
この後、白玉の滝を目指してガシガシ進んで行きます。