素晴らしき日々・みんな仲良し

チビ山登山はお休み中。宮城県の身近なスポット、日常の中で気になった植物のことなど書いてます。

黙々と樹皮シリーズを続ける②イヌブナ

はてなブログ3日目、見れば見るほど色んな機能があって、初めての用語も沢山。
これは何?ってポチりながら、前進しているつもりのみんな仲良しです。
こんにちは。

今日はマニアック・樹皮シリーズ、その2。
イヌブナという木について書いていきましょう。

 

イヌブナ(ブナ科)

 

f:id:morigadaisuki:20190219220625j:plain

イヌブナ


犬の顔に似たフナ(鮒)ではありません。
なぜ「ブナ」の木に「いぬ」って付くのでしょう?


ブナ科ブナ属。
和名はブナより材質が劣ることから名づけられた。
Wikipediaより


材質が劣ると「犬」なの?う~ん違和感。
ワンちゃんに申し訳ないという気持ちでモヤモヤする(笑)


ja.wikipedia.org



葉っぱの表面に毛があるから「犬」・・・と記載されてるのも見かけました。
こっちの理由の方がいいなぁ🐕

 

f:id:morigadaisuki:20190219220606j:plain

イヌブナの樹幹・年輪

中心が2個あるように見えるんだけど…こういうこともあるんですね。
何で2個あるんだろう?
  ↓
異常気象などで2個以上できることもあるらしい。

気になることを調べてると、ほんとラビリンスから戻って来れなくなります(苦笑)

 

今日も読んでいただきましてありがとうございます。
またよろしくお願いします。

みんな仲良し にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村